クリエイターEXPO 出展前−1

クリエイターEXPOに備えて何をするか考える


expo_photo2

出展料を振り込んだ後、主催のリード エグジビション ジャパンさんより封筒が届きました。
その中には領収証のほか、本番までのざっくりとしたスケジュールが入っていました。
年明けとともに、あれこれ検討しはじめています。
1月も後半に入り、記録として書いておきます。

クリエイターEXPOまでのざっくりスケジュール

【3月上旬】
出展者用サイト完成。ここで出展者のPRができる
事務的な出展準備が本格化。
展示作品などの用意や展示テーマの考案に関しては、これより前から進めていくと安心です。

【4月頃】
マニュアル到着。出展にあたり、どんな準備をしたらよいかご案内。
各種サービスのご案内もさせていただきます。

【5月頃】
出展者情報を公式ホームページに公開。このタイミングより、付き合いたい企業、知人や取引先などに招待券を送っていただくという宣伝活動を本格的に開始

【6月下旬】
会場入場時に必要な出展者専用バッジが届く

【6月29日(水)〜7月1日(金)】
第5回クリエイターEXPOの会期

本当は早く欲しいマニュアル!ですが、到着は4月。
のんびり待ってはいられません。
私のような初出展、または前回出展したが何らかの反省点がある人は
それ以前から準備が必要でしょう。

私の場合、ほかの展示会すらも参加未経験です。
それなりに準備に時間がかかるということは、簡単に想像できます。
きっと「コダワリ」という名の考え過ぎで、
時間があっという間に過ぎ、気づいたらギリギリ、
バタバタというパターンになりそうです。

そんなことのないよう、今から準備しよう!

お金を払って出展するのだから、無駄にしたくありません。
それなりに成果は出したいという気持ちがあります。
まずは、「テーマ」と「目標」設定。
これが決まらないと各種アイテムデザインもできません。
誰にどういったことをアピールするか決めます。

あとは展示物・配布物と用意するもの。忘れないようにリスト化します。
まだ最終決定ではありません。今後見直ししてアイテムの追加や削除をしていきます。
予算はだいたい5万円ほどで。

  • タペストリー1枚(ターポリン)
  • チラシ
  • 名刺
  • パンフレット(自己紹介+ポートフォリオ)
  • 作品閲覧ファイル
  • カタログスタンド(レンタル)
  • そのほか

(1月20日時点)

ごくごく普通のアイテムになりました。
このうち自分でデザインするチラシ・パンフレットを中心に、構成を考えて制作していこうと思います。
枚数は、1000枚は超えないでしょう。
やる気次第で変わるかもしれません。

ブース壁面は、来場者に一番目につくところです。
ここに「自分のアピールポイント」をバンと出すわけです。
所狭しと並んだブースで目につくように考えなければなりません。

私は、今までスポーツ・教育・音楽・医療・伝統芸能などさまざまな業界の
チラシ、パンフレット、カタログ、新聞・雑誌広告、書籍のデザインを手がけてまいりました。
その中で自分のできる事、得意としていることは何か、大事にしている事は何か。
絞っていこうと思います。

その他として、宿泊を一応考えています。
東京在住で会場まで片道1時間程度なのに、宿泊を考えるのはなぜか。
泊まる必要もなければ、地方からの出展者さんに比べ、費用負担はかなり少ないです。

会期中展示会の始まりは10時、終わりは18時です。

朝は通勤ラッシュ、
電車は思いもよらぬ事態で遅れたりするかもしれない。
真っすぐ帰宅しても20時前には、家にいるはずです。
仕事の状況によっては、帰ってから作業もあるでしょう。

しかし、一日中大勢の方に声をかけ、商談では力が入って、疲れてしまいそうです。
帰って仕事ができるかとても不安。
それならホテル宿泊して作業も検討しようと考えています。
その時の状況に合わせ見積もっておきます。

第5回クリエイターEXPO招待券お申込み

事前申込で入場無料!

下記に該当する一般企業・メディア関連企業の方へ
テレビ・映画・アニメ・ゲーム・音楽・出版・広告・印刷・WEBなどメディア関連、
宣伝・販促・広報・商品企画・開発部門の一般企業でご来場にご興味のある方は
こちらより招待券(無料)をお申込みください。

<イベント案内>
第5回 クリエイターEXPO(コンテンツ東京 内)
会期:2016年6月29日(水)〜7月1日(金)
時間:10:00〜18:00
会場:東京ビッグサイト
交通:「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分

LINEで送る
Pocket