「誰でも」「いつでも」しかも無料なら、絶対楽しめるWeb美術館

『誰でも』『いつでも』アートを楽しめるがコンセプトのWeb美術館「HASARD(アザー)」がWebでオープン。
しかも無料。
「Web Art Museum HASARD」web美術館

「誰でも」「いつでも」がコンセプト「Web Art Museum HASARD」

第一期の作品

ヨハネス・フェルメール/「真珠の耳飾りの少女」を含む26作品
期間:2019.4.5〜2019.5.8

葛飾北斎/「冨嶽三十六景」全作品
期間:2019.4.5〜2019.6.8

Web美術館「HASARD」
第一期はフェルメールと葛飾北斎

美術館の展示スケジュールは、1年や数年に一度なので、
webで「いつでも」観られるのはファンにとっては嬉しいですね。

「興味はあるけどお金を払ってまではちょっと」の人にとっても
サイトを利用して、興味の対象を拡げてみるのも良いかもしれません。

これなら、自宅で好きな時間、コーヒーを飲みながらゆっくり鑑賞なんてこともできます。
フェルメールをゆっくり眺めて観たいと思います。
今後、誰の作品が展示されるのか楽しみですね。

Web Art Museum HASARD