名刺に隠されたヒミツ(メッセージ)-4

いよいよ最終回。ここまで前置きが長くなって申し訳ありません。
この回だけ読んでいただいてもいいのですが、お時間ある方は、ぜひ第1回〜第3回も併せて読んでみてください。
初回から何度も書いてきた名刺のヒミツとかメッセージ。いよいよご紹介いたします。

メッセージ


バリードライフ デザインの名刺を縦にしてください。(名刺をお持ちでない方はすいません!)
バリードライフ デザインを囲んでいる形(加工部分)に秘密があります。

正体で見たときの下側部分に「人の横顔」を入れてあります。
※最後に調整したら、下くちびるが突き出てちょっとブサイクな感じになりましたが(笑

vld-meishi-image-5

私のデザインポリシーは、機能的・効果的・感動的です。
それは、デザインするうえで大切にしている考え方になります。

常に人を意識する。
デザインは、人へ伝え、うまく伝わることが大事。

商品を使う人

モノを買う人

サービスを利用する人、など

デザインは必ず人へ働きかけています。
デザインがどのように人へ働きかけ、人の集まる社会を刺激するのか。
発信する側の人(企業)はどういった考えを持っているのか。

どのように発信すると、どんな反応があるのか。
両方のことを考えて制作する必要があると思っています。

デザイナーのエゴで作ってはいけない。
デザイナーの作品を作るわけでもない。

人を意識する。
常にそのことを感じながら、忘れてはいけないという自分への戒めであり、
デザインのご依頼をいただく方へのメッセージでもあります。

物を消費する時代の発想でデザインをつくると見向きもしてくれない。
世の中にはいい商品・いいサービスがたくさんあります。
その良さが伝わるようにする方法として、デザインがあると思っています。

そして人の気持ちを明るくしたり、社会を明るくできるような
デザイナーになりたいと思っています。


名刺交換の場では、なかなかお伝えできないので、ホームページにこうして書かせていただきました。

ヒミツなんて大げさなこといいましたが、
ごくごく普通で当たり前のことだったかもしれません。

ここまで読んでいいただいたみなさま
本当にありがとうございます。

《VLDの名刺のヒミツ》

第1回 名刺制作で考えた3+1のこと(コンセプトとデザイン)

第2回 こだわりと気になる価格(印刷加工)

第3回 1年使ってわかったこと(効果検証)

LINEで送る
Pocket